親身になって家造りを行なう国分建設を利用しよう

女性

大きな窓を付けたい場合

男性

二重サッシを採用すると

現在注文住宅を建てる人の希望のナンバーワンは気密性と断熱性が高い家という結果が出ており、これらは熱効率が良く、防音性という点でも良いとされています。気密性が高いという事は隙間を極力作らない家という事になりますから、大きな窓を作りたいという希望があると相反する結果になるので、難しい場合があります。横浜で注文住宅を建てるなら設備などは自由自在ですから、窓にこだわるなら二重サッシにするという方法もあります。二重サッシなら同じ窓でも防音や暖房効率が良いので省エネにもなりますし、結露も抑えられるのでカビやダニなども防げます。横浜の様な大都市では住宅が密集している事もあって、近隣への音漏れや近隣からの音が非常に気になるものですから、その点でもお勧めです。

防犯対策にも有効な方法

横浜で注文住宅を建てる場合にはセキュリティ面も気になりますが、空き巣などの被害は開口部である玄関や窓からという場合が殆どです。特に被害の7割は窓を割って侵入するという方法が多いのですが、二重サッシにすることで二倍の手間がかかるとして、泥棒からも避けられやすいので防犯対策としても適しています。横浜で注文住宅を建てたという人の中には、玄関をキーレスエントリーにしたという家族がいますが、防犯対策としてもしっかりしている上に、鍵を探す手間が省けて良い、買い物で荷物が多い奥様からも便利だと評判が良いです。キーレスの玄関は暗証式や指紋認証などの方法がありますが、後付け出来ないタイプもあるので設計時にドアに付けたいと伝えるのが良いでしょう。